Hファクター

Hファクター 診療報酬・介護報酬のファクタリング

 

病院の資金繰りが正直厳しい...

 

新しい介護器具を導入したいが資金がない...

 

銀行からの融資や借入は期待できなさそう...

 

病院や医院、クリニック、介護施設を経営されている皆さん、このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 

地域の方の健康や福祉をいつも考えて、一生懸命に経営していてもなかなかうまくいかない現状は、本当に辛いものがありますよね。

 

実に全国の医療機関の4割は赤字経営と呼ばれていますし、最近は老人ホームなどの介護施設の倒産も増加しているんです。

 

経営者の悩み

 

このような資金調達や資金繰りのお悩みは、Hファクターの診療報酬ファクタリング、介護報酬ファクタリングで解決することができます!

 

Hファクターとはどういう会社?

 

ファクタリングって何?

 

なぜ資金繰りが良くなるの?

 

このサイトではこういった疑問にお答えしてまいります。

 

ファクタリング会社のHファクター

素早い資金調達のお手伝い Hファクター

HファクターのTOP画像

Hファクターは、医療施設や介護施設などのファクタリングを専門に行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

 

Hファクターとはどんな会社?

H(エイチ)ファクターは大阪市淀川区にあるファクタリング会社です。病院や医院、クリニックなどの医療機関、また社会福祉法人や様々な介護施設に対しての資金調達の支援をしています。

H・ファクターは、医療機関や介護施設が毎月行なう国保連や社保へのレセプト請求を買い取って、すぐに現金化するファクタリングというサービスを行なっています。

通常はレセプト請求を行なっても、診療報酬や介護報酬が入るのは約2か月後です。しかしH・ファクターの行なうファクタリングを活用すれば、2か月後の国保連や社保からの入金を待たずしてキャッシュが手に入るので、資金繰りが非常に良くなります。

H・ファクターは、それらの診療報酬や介護報酬専門のファクタリングを行なっています。

 

Hファクターのファクタリングとは?

 

疑問

 

もう少し詳しくファクタリングの仕組みについて、ご紹介いたします。ファクタリングというのは、売掛債権を買い取ってすぐに現金化してくれるサービスのことです。

医療機関や介護施設の場合は、この売掛債権というのが国保連や社保に行なうレセプト請求による診療報酬や介護報酬にあたります。レセプト請求は行なったけれど、まだ入金されていない診療報酬や介護報酬を債権としてHファクターが買い取ってくれて、すぐに入金してくれるという訳です。

 

ファクタリング = レセプト請求を買い取って即現金化

 

ファクタリング活用のメリットは?

何といっても、2か月前倒しでキャッシュを手にできるということになります。通常はレセプト請求をしても、実際に国保連や社保から入金されるのは2か月後になります。しかし、ファクタリング活用することによって2か月待たずにすぐに入金されますので、資金繰りが厳しい時に非常に有効になります。

 

2か月待たずにキャッシュが手に入る

 

通常のレセプト請求からの報酬受け取りは下記の図のような形でなされます。

 

レセプト請求

↑レセプト請求を行なっても、入金までには約2か月かかります

 

1、国保連や社保にレセプト請求をする

 

2、約2か月後に診療報酬・介護報酬が入金される

 

しかし、H・ファクターのファクタリングを活用すると下記の図のようになります。

 

ファクタリングの仕組み

↑Hファクターからすぐに入金されるので資金繰りが良くなります

 

1.国保連や社保にレセプト請求をする

 

2.  H・ファクターが国保連や社保に確認する

 

3.H・ファクターが即入金する

 

4.H・ファクターは2か月後に国保連や社保からお金を受け取る

 

こういった流れでファクタリングが行なわれます。

 

2か月前倒しで診療報酬や介護報酬を受け取れる!!

 

ファクタリングによる資金調達 Hファクター

素早い資金調達のお手伝い Hファクター

HファクターのTOP画像

Hファクターは、医療施設や介護施設などのファクタリングを専門に行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

 

いつファクタリングを利用する?

 

経営をしていく中で、どうしても売上や収益が少ない月というものが出てきます。そしてその結果資金繰りがキツクなる時があります。

たとえば2月のような元々日数が少ない月、また5月のように祝日が多く診療日の日数が少ない時などです。

また介護施設などであれば、利用者さんが立て続けに減ってしまった月などはガクンと収益が下がります。

そして実際に資金繰りがキツクなるのは、その月の報酬を受け取る2か月後の月になります。

 

資金繰りが厳しくなるのは収益が減った月の2か月後

 

下記の図をどうぞご覧ください。

資金繰りが厳しくなる月

↑収益が減った2か月後の資金繰りが厳しくなります

 

そういった時にHファクターのファクタリングを活用すると、劇的に資金繰りが良くなります。

下記の図をご覧ください。

 

ファクタリングの活用

↑2か月前倒しでキャッシュを受け取れるので資金繰りが改善

 

他にも職員のボーナス月や、備品や機器の購入、またその他の支払いが多くなる月にもファクタリングを活用することでキャッシュ不足を補うことができます。このように劇的に資金繰りが良くなるのがファクタリングなんです。

 

 

▼ファクタリングをいつ利用する?

 

収益減の2か月後の月

 

職員のボーナス月

 

備品購入や機器を購入したい時

 

出費の多い月

 

 

Hファクターなら担保も保証人も不要

 

OKサイン

 

通常銀行からの融資や借入をお願いする場合は、担保や保証人が絶対条件となります。しかしH・ファクターが行なうファクタリングは、それらも不要です。

 

 

▼なぜ担保や保証人がいらないの?

そもそもなぜ担保や保証が必要なのでしょうか。銀行からの融資などを受けると、長期に渡って返済していくことになります。そして銀行はもし途中で返せなくなった時のリスクのため、担保や保証人を求めます。このように返済できなくなるリスクがあるので、担保や保証を求める訳です。それはある意味当然ですよね。

 

担保や保証が必要なのは返済できなくなるリスクがあるから

 

しかしファクタリングの場合は、レセプト請求という報酬が確定したものを買い取ることになります。つまりそれは、あなたが実際に売り上げた金額です。売り上げたけれど、まだ入金されていないお金を2か月前倒しでファクタリング会社から受け取っているにすぎません。

そしてHファクターのようなファクタリング会社は、その報酬が確定しているものを2か月後に国保連や社保から受け取ることになります。国保連や社保は公的機関ですから、支払いができなくなるというリスクは一切ありません。ファクタリング会社からしてもリスクのない取引になります。ですから、担保や保証人などは必要ないんですね。

 

公的機関(国保連や社保)が相手なので、報酬が支払われないというリスクがない

 

Hファクターなら手数料も安い

銀行などからお金を借りた場合は、元金と共に金利分を上乗せで返済していくことになります。ファクタリングの場合は金利ではなく、手数料を支払うことになります。

その手数料はファクタリング会社によって異なってきますが、Hファクターは1.5%~という業界最安値を設定しています。条件にもよりますが、3%以下は確実に約束しています。

 

 

▼なぜ手数料が安いの?

それは繰り返しになりますが、買い取るのがレセプト請求による診療報酬や介護報酬だからです。国保連や社保から2か月後には確実に受け取ることができるお金です。いわばHファクターは2か月だけお金を用立てるだけのリスクのないビジネスなので、手数料を安くできるという訳なのです。

 

銀行や金融機関などのいわゆる一般の貸金業は、貸し倒れのリスクがありますから担保や保証をとったりします。担保や保証をとらないビジネスローンなどの場合は金利や手数料をかなり高額に設定しています。いずれも回収できないリスクがあるからです。

 

しかし、国保連や社保という公的機関が相手なので、回収できないというリスクがないため、安い手数料でサポートできるということなんです。

 

回収できないリスクがないので手数料が安い!

 

ファクタリングならHファクターに相談

いかがでしたでしょうか?ファクタリングという借りない資金調達の方法が資金繰りが厳しい時の強い味方になってくれるということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

医療機関や介護施設などの売上や収益の大部分は、診療報酬や介護報酬という公的機関から支払われるものです。レセプト請求をしたならば、(レセプトミスや不備などによる返戻や減額を除いて)絶対確実に支払われるお金です。

この大きな強みを活かしたのが、ファクタリングという方法なのです。

 

医療機関の場合は診療報酬ファクタリング

 

介護施設などの場合は介護報酬ファクタリング

 

医療機関や介護施設などの事業者サイドからすると、2か月前倒しで報酬を受け取れるので資金繰りが劇的に良くなります。一方ファクタリング会社からすると、支払ったお金は2か月後には確実に国保連や社保から回収できるのでリスクがない訳です。

 

事業者:2か月前倒しでキャッシュが手に入る

 

Hファクタ-:確実に回収できるのでリスクがない

 

こういったWin-Winの関係が成り立つのが、診療報酬ファクタリング、介護報酬ファクタリングという方法なんです。

 

握手

 

 

病院の資金繰りが正直厳しい...

 

新しい介護器具を導入したいが資金がない...

 

銀行からの融資や借入は期待できなさそう...

 

こういうお悩みを抱えているなら、一度Hファクターに相談してみてください。

 

ファクタリングについてHファクターに相談してみる

素早い資金調達のお手伝い Hファクター

HファクターのTOP画像

Hファクターは、医療施設や介護施設などのファクタリングを専門に行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

 

Copyright© Hファクター , 2018 All Rights Reserved.