Hファクター

Hファクター 診療報酬・介護報酬のファクタリング

銀行の融資とファクタリングの違いは?

更新日:

 

銀行

 

医療機関や介護施設を運営・経営していく上で、資金調達や資金繰りを考えることが必要になってきます。そういった資金調達を考える上で真っ先に思い浮かぶのが、銀行や金融機関からの融資や借り入れですよね。ここでは、そのような銀行からの融資とそしてファクタリングにはどのような違いがあるのかを、ご紹介していきます。

 

銀行からの融資や借り入れの場合

 

銀行などの金融機関に融資や借り入れをお願いする場合は、当然ながら返済能力をかなり厳しく審査されることになります。借り入れを希望する金額にもよりますが、多くの場合時間をかけてチェックされ、何度も銀行に足を運ぶことも求められます。銀行が融資を受け入れるかどうかは主に下記の点をチェックすると言われています。

 

基本的なチェックポイントは以下のようです。

 

事業内容

業種、業態、取引先、事業年数、従業員数など。事業年数が長いほど基本的には信用度は上がります。また、過去に銀行と取引した実績なども加味されます。さらに、今後成長が見込める業種や業態なのかなどもチェックされます。

 

決算報告書

貸借対照表(B/S)、損益計算書、キャッシュフロー計算書などのその事業の経営状態を細かく審査されます。さらに、税務申告書なども同じくチェックされますし、直近の3期分の決算書を提出するように求められることが多いと言えます。

 

社長の信用情報

税金を滞納していないか、他行からの借り入れがないかなどチェックされます。事業としてはお金を借りていなくても、個人が消費者金融からお金を借りいないかどうかなどもチェックされます。社長自らが連帯保証人になるため社長の信用情報はかなり重点的に見られることになります。

 

 

銀行とファクタリングのチェックポイントは全く違う

 

上での説明の通り、銀行の融資は返済能力があるかどうかを判断するために、その審査やチェックにとても時間を要します。なぜなら、銀行からの借り入れは長期に渡っての返済というものだからです。長期間に渡って、元金と共に金利分を上乗せして返済していかなければなりません。ですから今後、あなたの会社や事業所が、きちんと返済をしてくれるかどうかを見るために、今の経営状態やまた業界全体の今後の見通しなど、多項目に渡るチェックが必要なのです。

 

銀行融資は長期に渡っての返済のため、審査に時間を要する

 

では、ファクタリングの場合はどうでしょうか?

 

Hファクターが行なうファクタリングは、診療報酬や介護報酬を買い取るサービスです。これは融資や借り入れではないため、返済責任は一切発生しません。買い取った債権は、国保連や社保から入金されたらそこで取引は終了いたします。つまりファクタリング会社からすると、用意したお金を回収するスパンが非常に短いというのが強みな訳です。

銀行は長い時間をかけて貸したお金を回収していきます。一方Hファクターのようなファクタリング会社は、買い取った債権をすぐに回収することができます。そこに大きな違いが存在します。

 

回収期間が早いということは、それほど厳しく審査やチェックをしなくても大丈夫ということです。ポイントはあなたの会社や事業所の状態ではなく、買い取る債権の信用度です。その点、診療報酬や介護報酬は公的機関相手のものですから、非常に信用度の高い債権です。ですから、審査をカンタンに済ませることが可能なんです。銀行と違って長期に渡っての取引ではないため、チェックすべき部分が非常に少ないと言えるのです。

銀行の融資や借り入れとファクタリングの大きな違いは、まさにこれと言えますね。

 

銀行は審査が厳しく、ファクタリングは審査がカンタン

 

このような特徴や違いがあるため、あまり経営状態がよくないとか、急ぎの支払いがあるとか、今すぐにキャッシュが必要といった場合は銀行からの融資より、断然ファクタリングのほうが便利であり有効であると言えます。

 

Hファクター レセプト請求による診療報酬や介護報酬を活用したファクタリング TOPへ

-qa

Copyright© Hファクター , 2018 All Rights Reserved.