Hファクター

Hファクター 診療報酬・介護報酬のファクタリング

ファクタリング-手数料の相場はどれくらい?

更新日:

 

手数料

 

診療報酬や介護報酬を活用して行なうファクタリング。この資金調達には大きなメリットがいくつかあるものの、実際利用する際の手数料がいくらかかるのか?という点が気になりますよね。

ここではファクタリングの一般的な手数料の相場などをみていきましょう。

 

ファクタリングの種類によって手数料は変わる

 

ファクタリングの手数料の相場というのは、利用するファクタリングの種類によって大きく開きがあります。そもそもファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングと呼ばれる2種類のやり方があります。

2社間ファクタリングというのは、あなたの会社や事業所とファクタリング会社の2社間でを交わす契約のことです。この場合は、買い取ってもらう債権(売掛先の会社)は含まれていません。ですから、売掛先の会社にその会社の売掛金を譲渡したということを知られることはありません。取引先に自社の経営状態を知られたくないといった場合にこの2社間ファクタリングを利用する場合が多いと言えます。しかし、これは売掛先の会社の倒産リスクなどを考慮して、通常は手数料は高目となっています。

 

2社間ファクタリングの手数料の相場は、20%~30%

 

一方3社間ファクタリングというのは、あなたの会社や事業所とファクタリング会社、そして売掛先の会社の3社を交えての契約ということになります。取引先に相談し、あなたの会社の売掛金をファクタリング会社に譲渡するけれど構わないか?といった打診を行ないます。その上で承諾を得てから契約することになります。長年よくしてもらっている取引先であったり、親族がやっている会社の場合ですと、快く受け入れてくれる場合があります。3社の間でしっかり合意することことにより、回収不能のリスクが減るためファクタリング会社の手数料は安くなります。

 

3社間ファクタリングの手数料の相場は、5%~10%

 

Hファクターなどが行なう、診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングの場合は、買い取る債権が診療報酬や介護報酬という国保連や社保を相手にしたものですので、債権の信頼度は非常に強いものです。公的機関相手の債権ですので、いわば焦げ付く心配がなくリスクがないため、ファクタリング会社はかなり手数料を安く提示することになります。

 

介護ファクタリングの手数料の相場は、1.5%~5%

 

もちろんファクタリング会社によって違いがありますが、大体の相場は上記のようになっています。

 

Hファクター レセプト請求による診療報酬や介護報酬を活用したファクタリング TOPへ

-qa

Copyright© Hファクター , 2018 All Rights Reserved.