Hファクター

Hファクター 診療報酬・介護報酬のファクタリング

3社間ファクタリングとは?

更新日:

 

疑問質問

 

ファクタリングには2種類り、一つは2社間ファクタリング、もう一つは3社間ファクタリングというものです。ここでは3社間ファクタリングというのがどういう仕組みで成り立っているのか、ということをご紹介してまいります。

 

診療報酬・介護報酬ファクタリングは3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、あなたの事業所とHファクターなどのファクタリング会社と国保連及び社保という3社間での取引ということになります。介護報酬や診療報酬ファクタリングは、事業所からファクタリング会社へレセプト請求による診療・介護報酬の譲渡の申し込みをします。そしてファクタリング会社は、国保連や社保にレセプト請求の確認をした後、事業者に即入金します。そして、約2か月後に、国保連や社保からファクタリング会社に診療報酬・介護報酬の入金がなされます。

ファクタリング会社は国保連もしくは社保に対して、その事業所の介護報酬、診療報酬の支払いは一時的にファクタリング会社の口座へ振り込むよう依頼します。このように3社すべて関係してやり取りが行なわれるので、診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングは3社間ファクタリングということになります。

 

 

1、あなたの事業所 → ファクタリング会社に依頼

2、ファクタリング会社 → 国保連や社保にレセプト請求の確認

3、ファクタリング会社 → あなたの事業所に即入金

4、国保連・社保 → ファクタリング会社に診療報酬・介護報酬を支払う

 

 

こういった流れで診療報酬及び介護報酬ファクタリングが行なわれます。

 

メリット

手数料が安い。診療報酬、介護報酬の買取額の1.5%~5%が相場となっています。これはファクタリング会社のリスクが低いため、手数料も低くなっています。介護報酬・診療報酬ファクタリングの場合は、国保連からの入金になります。公的機関相手の債権ですので確実に回収ができる債権です。ですのでリスクがないためファクタリング会社は安い手数料でファクタリングを行なうことができます。

 

診療報酬、介護報酬の強み

一般のファクタリングの場合は、取引先の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで成立します。しかし、ファクタリング会社からすると、そのお金を回収する前に売掛先の会社が倒産してしまうリスクが発生します。また売掛先の会社から売掛金が入金されても、依頼した会社がファクタリング会社にお金を支払わないといったリスクもあります。2社間ファクタリングの場合は、資金は売掛先の会社から依頼会社に入金し、入金があったらすぐにファクタリング会社に送金する約束になっています。しかしその送金をしない場合や入金後に依頼会社が倒産する危険性もあります。それでそういったリスクがあるので、一般のファクタリングの手数料はかなり高目の設定になっています。

しかし診療報酬・介護報酬ファクタリングの場合は、この取引先が国保連や社保にあたります。公的機関にあたるため、確実に資金を回収できるという強みがあります。そして、国保連や社保は、あなたの事業所がファクタリングを利用するという連絡を受けても、今後の取引をやめるなんてことはありません。さらに、ファクタリングの打診を断ることもできません。

ですから、介護報酬・診療報酬ファクタリングはその債権の強みを活かしてスムーズに資金調達ができる方法と言えます。

 

 

Hファクター レセプト請求による診療報酬や介護報酬を活用したファクタリング TOPへ

-qa

Copyright© Hファクター , 2018 All Rights Reserved.