Hファクター

Hファクター 診療報酬・介護報酬のファクタリング

病院や介護施設:人材不足の解決策はある?

更新日:

はてな

 

病院や介護施設の経営や運営をしていく中で、様々な問題や難しい状況に直面することがあります。その中の一つに、雇用した職員が辞めることが多いということがあります。せっかく採用し訓練をしても、すぐに辞めていってしまうと嘆く経営者は多くいます。あなたもそのように感じていますか?

特に介護施設の介護職員の人材不足は深刻な状況です。どうすれば介護職員の離職率を下げることができるでしょうか?ここではその点を考えていきましょう。

 

介護職員の離職率-実は他と変わらない?

 

2016年度に発表された「介護労働実態調査」によりますと、介護職員の離職率は16.7%と報告されています。実はこの離職率は、他業種とあまり変わらないのです。もちろん、どんな職種でも辞めていく人は必ずいます。それはどんな職種でも同じです。介護職だからといって平均的な離職率がとても高い訳ではないのです。別業種の離職率と介護職の離職率に大きな差はないのです。

ではなぜ?介護職の離職率は高いとされているのでしょうか?

それは介護職の場合は、1年目に辞めていく人の割合がかなり高いからなのです。全体的な離職率は変わりませんが、1年目の離職率が高いのが現状なんです。

 

介護職員は1年目に離職する人がかなり多い

 

これはなぜなのでしょうか?

 

売り手市場が根底にある

よく知られているように、介護業界の人手不足は深刻で、2025年には約38万人の介護職員が不足すると厚生労働省は推測しています。全職種平均の有効求人倍率が1.5倍くらいなのに対して、介護職の有効求人倍率は3倍を超えています。つまり、介護業界はかなりの売り手市場ということになります。そして、今後ますますこの傾向は強くなっていくと考えられます。

このような現状は、簡単に言うと介護職に就きたいと考える人は、ほぼ採用されるという仕組みになっているということです。しかしこの売り手市場が、実は介護職の離職率を上げている原因とも言われています。どういうことでしょうか?

たとえば、これまでの仕事を辞めた人が、次の仕事としてこの売り手市場の介護職に応募してくるケースはよくあります。いわば面接後、即採用され働くことができることが多いので、生活を考えると素早く次の仕事が見つかるというのは安心なことです。

しかし介護業界で働くことの実態やその仕事内容、さらにはどんな苦労があるのかなどを深く考えずに応募し採用され、そして実際に働き出すと大きな壁にぶつかってしまうことがよくあります。

かなり体力的にも精神的にも疲れるのが介護というお仕事です。その結果、それに耐えられずすぐに辞めてしまう、というパターンが多い訳です。こういったパターンも、1年目の介護職員の離職率が高くなる原因の一つとなっています。

 

介護職員の離職率を下げるために何ができる?

 

他業種との平均的な離職率に大差はないことを考えると、重要なのは1年目の離職率をいかに下げるかということになってきます。いわゆる「想像していたより大変な仕事だった」というのが介護職を始めた人たちの多くの感想です。そのことを考えると、働き出す前の採用段階からの改善が必要になってくるかもしれません。

老人ホームや介護施設の経営者からすると、とにかく人が不足していて喉から出が出るほど職員は欲しいのが現状です。ですから、面接即採用、今すぐ働いて欲しい!というのが率直な気持ちかもしれません。とはいえ、すぐに辞めてしまうかもしれない人を雇っても、結果的にはロスのほうが大きくなります。研修や指導に費やされた時間は、すぐに辞められると大きなロスです。

ですから、すぐに働いて欲しいという気持ちを少し抑えて、客観的になって冷静にその人が介護向きの人材なのかを見極める必要があるかもしれません。さらに、この仕事の苦労や辛さなどをしっかりとした説明して、現状をきちんと認識してもらうことも大切かもしれません。または逆に介護職に就くことの喜びもしっかりと理解してもらったり、モチベーションをどのように保つかなどについても理解した上で働いてもらうほうが、長い目で見て経営上は良いかもしれません。

 

介護士との事前の交流

 

介護士

 

ある介護施設は、非常に離職率が低いことで知られています。お話をお聞きしてみると、正式に職員として採用する前に施設で働く介護士たちと交流する機会をもってもらっているそうです。交流会やお茶会を開いたり、ワークショップを企画して、事前に介護職の大変さや苦労についてなどの直接の生の声を聞く機会があるそうです。

このようにすることで、これから介護職に就こうとする人の自分の中のイメージと実際の仕事とのギャップを埋めておくことで、離職率を下げることに成功しています。つまり「想像していたより大変な仕事だった」というそれを無くすという訳です。

このワークショップなどに参加して、介護職は自分には向いていないかもしれない、務まらないかもしれないと感じて就職しないことにした人たちも多くいるそうです。でも、勤めてからすぐに辞めることによるお互いのロスを考えると、このほうが良いとのことです。

さらには、実際に働く前から今後同僚となる人たちとの交流が持てることも、安心して仕事に就けるという好意的な感想が多くあるそうです。介護職を続けていくためには、職場の人間関係や支援、サポート体制も大変重要です。このようにして、一番厳しい1年目を乗り切るために、サポートや助けを受けやすくする仕組み作りも、離職率の低下に繋がります。

 

こういった様々な工夫をして、離職率の低下に励むことができるかもしれません。

 

Hファクター レセプト請求による診療報酬や介護報酬を活用したファクタリング TOPへ

-qa

Copyright© Hファクター , 2018 All Rights Reserved.